ワンルーム投資ニュース

9/30《投資ワンルームマンション成約事例&ニュース》 「外国人の増加は空室対策の好機。しかし優良在留者を見極める力が「キャッシュフロー」に影響」

◆―――――――――INDEX―――――――――――◆
1. 最新の成約事例 ご紹介
2. 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

==================================================
■ 最新の成約事例 ご紹介
―――――――――――――――――――――――――
《ケース1》
地域 : 横浜市青葉区
築年数:平成20年
面積:20.70㎡
売却額:1180万円
家賃:69,300円

成功のポイント:駅からの距離がありますが、築年数が新しく家賃保証で安定している点を評価して頂きました。

《ケース2》
地域:葛飾区
築年数:昭和63年
面積:15.64㎡
売却額:640万円
家賃:53,000円

成功のポイント:家賃が相場よりも高く、利回りが良く高値売却になりました。

《ケース3》
地域:板橋区
築年数:昭和58年
面積:15.68㎡
売却額:680万円
家賃:58,000円

成功のポイント:管理体制がよく、現地案内の結果、買主様に気に入って頂けました。

==================================================
■ 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース
―――――――――――――――――――――――――
こんにちは!柴崎です。
日中はまだまだ汗ばむ陽気ですが、都内の夜は過ごしやすい気温になってきました。
秋が目前にやってきている風を、日々肌で感じています。
秋の気持ちのいい風を感じると、私はよく風邪を引きますので、日々の体調管理は大切にしています。

さて、本日の「東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース」は下記になります。
外国人の増加は空室対策の好機。しかし優良在留者を見極める力が「キャッシュフロー」に影響。
http://supervisor-ex.com/L48049/g1554/4531
大家さんにとって入居者がつかない、家賃は適正価格で募集しているのに全く申込みがない、
若い入居者がつかない等、家賃収入を目的としている大家さんから見ると大きな損失です。
少子高齢化が進めば当然入居者が少ない状況になり、空室リスクは増えます。
外国人需要は不動産に限らず様々あります。将来、外国人は素敵な入居者になる日は、
もしかしたら近いかもしれませんね。
ちなみに、入居者が外国人の場合、不動産売買には全く影響はありません。

株式会社東・仲 柴崎 命(しばざき みこと)
URL:スタッフ紹介

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6