ワンルーム投資ニュース

8/28《ワンルーム投資情報》価格下落の兆し有?ご注意ください。

今回のお題は下記となります。少しでも皆様のお役立てれば幸いです。

1, 売買成約情報

中央区、築浅物件。オークションを最大限活用し、高値取引へ

2, 注目の市況

賃貸市場に警鐘。

3, ピックアップ情報

市況の考え方。

4, コラム(営業担当 佐藤より)

金融機関に動きあり。

5, 東・仲からのお知らせ

6, ご質問・ご相談

 

【売買成約情報】

《ケース1》

地域:川崎市

築年数:平成4年

面積:19.43㎡

売却額:860万円

家賃:64,800円

ケース1

成功のポイント:事務所登記がネックになりましたが、その分利回りで推させて頂きました。

《ケース2》

地域:新宿区

築年数:平成24年

面積:25.57㎡

売却額:2,455万円

家賃:113,500円

ケース2

成功のポイント:最寄り駅は若干弱いですが、熱心な交渉により高額で取引出来ました。

《ケース3》

地域:中央区

築年数:平成20年

面積:21.70㎡

売却額:2,100万円

家賃:93,000

ケース3

成功のポイント:総戸数の多い物件で、外観も非常に良かったことから、希望者が多く、売主優位に価格交渉が出来ました。

 

【注目の市況】

賃貸住宅市場に日銀が警鐘

http://toyokeizai.net/articles/-/180975

賃貸問題は、サブリース契約をされている状態でも非常に影響が強いものとなります。

 

【ピックアップ情報】

全国に空き部屋続々・・・

http://www.zakzak.co.jp/eco/news/

ひとつの考え方としては共感できる部分が多いです。

 

【コラム】

さて、今回は是非オーナー様にお伝えしておかなければならない情報を耳にしましたので、この場を借りてお伝え致します。

以前より、金融機関の動きに関してお伝えいたしましたが、8月のお盆の時期が明けまして、遂に、とある金融機関から具体的な融資評価額の値下げのお話がありました。

今後このような、対応をする金融機関が増えて参りますと、いよいよ価格下落が始まると、感じております。

メールマガジンをご愛読頂いている、オーナー様の中にも直接関係のある物件を所有している方もいらっしゃるかとは思います。査定だけで止まってしまったオーナー様は特に、再査定や、販売活動をお勧め致します。

また、現在他社様に売却依頼をしているけれど、価格が折り合わないなど、ございましたら、是非お気軽にご相談ください。

相談窓口

 

【東・仲からのお知らせ】

1,セミナー開催!!《ワンルーム投資マンションをお持ちの方限定》

⇨弊社ではワンルームマンションをお持ちの方に向けて正しい情報をご提供するセミナーを定期的に開催させていただきます。

現在の開催予定は下記となります。

※今後、随時、セミナー情報をご提供させていただきます。ご都合合う方は是非ご参加ください。

開催日時 9月16日(土曜日) 10:15~

詳しくはこちらから⇒https://www.to-chu.co.jp/seminars/

前回セミナーでは、これまで様々なセミナーを受けたオーナー様が、個別相談に進み希望の金額で、売却を成功されました。

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。 日々改善してまいりますので、ご意見・ご希望等ありましたら、お気軽にお申し付けくださいませ。

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6