ワンルーム投資ニュース

8/18《投資ワンルームマンション成約事例&ニュース》「外国人の増加は空室対策の好機。しかし優良在留者を見極める力がキャッシュフローに影響」

◆―――――――――INDEX―――――――――――◆

 

1. 最新の成約事例 ご紹介

 

2. 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

 

==================================================

 

■ 最新の成約事例 ご紹介

 

―――――――――――――――――――――――――

 

《ケース1》

 

地域:世田谷区

 

築年数:平成10年

 

面積:18.51㎡

 

売却額:1450万円

 

家賃:74,500円

 

 

成功のポイント:人気の用賀の物件です。築年数が古くなり賃料が低下し、

 

利回りが悪くなりましたが、立地が良いために高値成約に至りました。

 

 

 

《ケース2》

 

地域:葛飾区

 

築年数:平成1年

 

面積:19.2㎡

 

売却額:660万円

 

家賃:50,000円

 

 

 

 

成功のポイント:相場家賃よりも、家賃が安くなっていましたが、買主様が管理状態が

 

良好な点を評価して頂き成約になりました。

 

 

 

《ケース3》

 

地域:文京区

 

築年数:平成12年

 

面積:21.32㎡

 

売却額:1600万円

 

家賃:79,000円

 

 

 

成功のポイント:都心で立地が良いために、多数の引き合いを頂きました。

 

複数の不動産会社に依頼を出されている売主様の為、契約までの速度が速いことがポイントです。

 

 

 

==================================================

 

■ 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

 

―――――――――――――――――――――――――

 

こんにちは!才藤です。

 

8月のお盆も過ぎ、そろそろ秋の気配を感じても良い時期ではございますが、

 

まだまだ暑さ厳しい今日この頃です。

 

今年の夏は、冷え冷えのスイカが一段と「美味しい!」と感じた夏でございました。

 

 

 

さて、本日の「東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース」は下記になります。

 

「外国人の増加は空室対策の好機。しかし優良在留者を見極める力がキャッシュフローに影響」

 

ここ数年、外国人観光客が増加し、更に住みよい日本国に多くの外国人の定住が増え続けているようです。

 

外国人の住まいを積極的に提供して、空室率を軽減したいところではありますが、

 

確かに入居者の属性は気になります。

 

今後の賃貸運営について、何かしらの対策を練る必要性を感じます。

 

株式会社東・仲 才藤真智子(さいとうまちこ)

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


 内容をご確認の上チェックを入れてください

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6