ワンルーム投資ニュース

7/10《ワンルーム投資情報》銀座土地価格、バブル期越える

今回のお題は下記となります。少しでも皆様のお役立てれば幸いです。

1, 売買成約情報

港区物件、㎡単価100万超える

2, 注目の市況

不動産ブームに陰り。銀座がバブル期を超える

3, ピックアップ情報

千代田線沿線の利回りランキング

4, コラム(営業担当 佐藤より)

政権動向にもご注目を・・・

 

 

【売買成約情報】

《ケース1》

地域:新宿区

築年数:平成14年

面積:20.49㎡

売却額:1580万円

家賃:81000円

1

成功のポイント:大学エリアを好む購入希望の方に、この時期に賃貸中であることも加えてお勧めさせて頂きました。

 

《ケース2》

地域:港区

築年数:平成19年

面積:27.65㎡

売却額:2820万円

家賃:129000円

2

成功のポイント:高利回りですが、条件良く融資を組めるお客様へアプローチさせて頂きました。

 

《ケース3》

地域:川崎市

築年数:平成3年

面積:18.85㎡

売却額:800万円

家賃:54000円

3

成功のポイント:外観や街並みを何度もご案内させて頂き、高値取引をして頂きました。

 

【注目の市況】

不動産ブームに陰り。銀座の上昇も「もう限界」 緩和マネー変調も

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-06/OQJU1J6JIJUR01

今は、とにかく金融政策の動きに注目してください。

 

【ピックアップ情報】

千代田線沿線のマンション利回りランキング

https://zuuonline.com/archives/160356

相場利回りは売買する上で大切な情報です。

 

【コラム】

最近、専ら金融系の情報をピックアップさせて頂いております。これは投資マンションの価格相場の背景に、金融機関が大きく関わっているからなのです。

そして、先週また今後の不動産景気に大きく関わるようなニュースが流れてきました。それが都民ファーストの会の台頭です。

今の価格はアベノミクスの超金融緩和政策が起因となっておりますが、政権交代が起こり、金融緩和が解かれれば融資額が下がります。そうなってしまった後、急いで売ろうとしても良い価格はまず出ないでしょう。

そうなる前に、将来に売却を考えているオーナー様は、今のうちに販売活動をされることをお勧めいたします。残債のマイナスが大きく売却が難しいオーナー様であっても、現在の相場価格であれば、思わぬ高値で処分でいることもあります。

営業担当  佐藤

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6