ワンルーム投資ニュース

7/14《投資ワンルームマンション成約事例&ニュース》昨年より「買い時と思う」が2.3ポイント増も、実際の物件購入率は6.1ポイント減

◆―――――――――INDEX―――――――――――◆

 

1. 最新の成約事例 ご紹介

 

2. 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

 

 

==================================================

 

■ 最新の成約事例 ご紹介

 

―――――――――――――――――――――――――

 

《ケース1》

 

地域:新宿区

 

築年数:平成22年

 

面積:23.70㎡

 

売却額:2190万円

 

家賃:90,000円

 

 

成功のポイント:新宿は築淺の物件が少なく、新築との価格の比較で、購入を決定して頂けました。

 

現在の新築価格はバブルかもしれません。

 

 

 

《ケース2》

 

地域:練馬区

 

築年数:平成21年

 

面積:21.10㎡

 

売却額:1600万円

 

家賃:78,000円

 

 

 

成功のポイント:築年数が新しい物件ですが、新築時と比べて家賃の低下が大きくなり、

 

将来的なリスクから解放されるための売却でした。賃料の将来性も重要な判断基準になります。

 

 

 

《ケース3》

 

地域:横浜市南区

 

築年数:昭和62年

 

面積:15.14㎡

 

売却額:400万円

 

 

 

 

 

成功のポイント:このような古く狭い物件は、今後売買が厳しくなる可能性が高いです。

 

なぜなら、賃貸がなかなか決まらず、投資としてリスクが高いためです。

 

売主様は将来を考えて、損切を決定されました。

 

 

 

==================================================

 

■ 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

 

―――――――――――――――――――――――――

 

おはようございます!斉藤です。

 

じめじめした梅雨も明けて、全国的な海開きも間近! 気分も爽快!と思いたいですが、

 

そうなんです、平成最後の夏なんです。

 

世界的イベントのオリンピックを前にして、日本の中である種大きなイベント。

 

投資をやってない人からすると正直あまり関係がなく、年号が変わるだけです。

 

しかしこちらのメールを読まれている方は、少なからず不動産投資をされているかと 思いますので、

 

頭の片隅には置いといて下さい。

 

他の投資もそうですが、大いに経済状況に影響を受けてしまいます。

 

どちらに転ぶかはその時次第です!

 

 

 

さて、本日の「東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース」は下記になります。

 

昨年より「買い時と思う」が2.3ポイント増も、実際の物件購入率は6.1ポイント減。

 

 

 

実際の売買に影響を与える金融機関の融資条件の変動に今後も目を光らせていきたいですね。

 

株式会社東・仲 斉藤 靖典

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6