ワンルーム投資ニュース

8/5《投資ワンルームマンション成約事例&ニュース》「黒田日銀総裁、長期金利「倍程度の変動念頭」」

◆―――――――――INDEX―――――――――――◆

 

1. 最新の成約事例 ご紹介

 

2. 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

 

==================================================

 

■ 最新の成約事例 ご紹介

 

―――――――――――――――――――――――――

 

《ケース1》

 

地域:練馬区

 

築年数:平成21年

 

面積:22.14㎡

 

売却額:1510万円

 

家賃:75,000円

 

 

成功のポイント:家賃保証契約の解除ができ、入居者との賃貸契約書が入手できたために、

 

高値成約に至りました。

 

 

 

《ケース2》

 

地域:台東区

 

築年数:平成3年

 

面積:25.5㎡

 

売却額:1190万円

 

家賃:70,000円

 

 

 

 

 

成功のポイント:築年数が古い物件ですが、お部屋の広さが広く、家賃が維持できていたことが

 

ポイントです。古くても広めの投資マンションは人気があります。

 

 

 

《ケース3》

 

地域:大田区

 

築年数:平成18年

 

面積:22.04㎡

 

売却額:1450万円

 

家賃:77,000円

 

 

 

成功のポイント:将来の家賃低下を気にされて、売主様は売却を決定されました。

 

家賃保証を依頼している会社から、実家賃の情報等が伝わらず、

 

売却機会を損失することもあります。

 

 

 

==================================================

 

■ 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

 

―――――――――――――――――――――――――

 

こんにちは!佐藤です。

 

今年の猛暑と豪雨は異常気象と言われるほど、過酷なものになっております。

 

まもなくピークは過ぎるとの事ですが、残暑も厳しくなってくることが予想されております。

 

熱中症対策ももちろんですが、寒暖差による、体調不良にも気を付けていきたいです。

 

 

 

さて、本日の「東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース」は下記になります。

 

黒田日銀総裁、長期金利「倍程度の変動念頭」

 

 

 

 

以前より、本メールマガジンで警鐘を鳴らしておりました、

 

黒田日銀総裁の言動に、不動産にも、縁の深い「長期金利」の変更に関しての、

 

発言が出て参りました。 0.2%の変更。

 

ご自身の資産は“具体的に、お幾ら変わるのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

株式会社東・仲 佐藤祐樹(さとうゆうき)

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6