ワンルーム投資ニュース

3/15《投資ワンルームマンション成約事例&ニュース》「民法改正は不動産経営にどのような影響を与えるのか」

◆―――――――――INDEX―――――――――――◆
1. 最新の成約事例 ご紹介
2. 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

==================================================
■ 1. 最新の成約事例 ご紹介
―――――――――――――――――――――――――
《ケース1》
地域 : 港区
築年数:平成20年
面積:25.37㎡
売却額:2530万円
家賃:105,000円

成功のポイント:人気の品川エリアの物件の為、複数の申込がありました。

《ケース2》
地域 : 中野区
築年数:平成9年
面積:27.67㎡
売却額:1540万円
家賃:78,000円

成功のポイント:投資マンションとしては、専有面積が広いために高値売却になりました。

==================================================
■ 2. 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース
―――――――――――――――――――――――――

こんにちは!渡邉です。
3月の誕生花は「桜」だそうです。
早く桜の花が咲くような暖かい季節になるといいですね。
まだまだ寒い日が続きますので、暖かくしてお過ごしください。

さて、本日の「東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース」は下記になります。
民法改正は不動産経営にどのような影響を与えるのか
今回の民法改正は、賃借人や保証人の保護を目的とした内容になっており
改正によってトラブルが減ることが予想されます。
改正を前向きに捉え、運用を行っていただければと思います。

株式会社東・仲 渡邉 裕子(わたなべ ゆうこ)
URL:スタッフ紹介
================================================

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


 内容をご確認の上チェックを入れてください

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6