ワンルーム投資コラム

6/15《投資ワンルームマンション成約事例&ニュース》 木材価格が高騰!?業界が震撼する「ウッドショック」とは? 

◆―――――――――INDEX―――――――――――◆
1. 最新の成約事例 ご紹介
2. 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

==================================================
■ 1. 最新の成約事例 ご紹介
―――――――――――――――――――――――――
《ケース1》
地域 : 横浜市
築年数:平成12年
面積:18.45㎡
売却額:1,420万円
家賃:70,000円

《ケース2》
地域 : 大田区
築年数:平成19年
面積:23.40㎡
売却額:1,700万円
家賃:82,200円

==================================================
■ 2. 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース
―――――――――――――――――――――――――

こんにちは!
梅雨入りのニュースが気になる季節となりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。
昨年は、関東甲信・東海ともに平年より11日遅い8月1日の梅雨明けとなり、
統計史上でも遅めの梅雨明けとなりましたが、今年はどうなるのでしょうか。

さて、本日の「東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース」は下記になります。

木材価格が高騰!?業界が震撼する「ウッドショック」とは?

各種メディアも〝ウッドショック〟として木材高騰を相次いで取り上げております。
分譲住宅や賃貸住宅の建設費、売り値に影響が及ぶことになる〝ウッドショック〟。
現在、新築分譲マンション価格も高騰しておりますが、回収できる賃料が比例しているとは言い難いです。
そんな中、今まで以上に中古マンション市場に注目が集まるのではないでしょうか。

コラムをもっと見る メールマガジン(無料)に登録する

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6
Top