ワンルーム投資コラム

3/15《投資ワンルームマンション成約事例&ニュース》  投資用ワンルームマンションを購入したけど… 6割以上が「想定と現実にギャップ感じた」 損失が出ている人も3割強

◆―――――――――INDEX―――――――――――◆

1. 最新の成約事例 ご紹介

2. TOCHUが選ぶ!気になる不動産業界ニュース

==================================================

■ 1. 最新の成約事例 ご紹介

―――――――――――――――――――――――――

《ケース1》

地域 : 世田谷区

築年数:平成28年

面積:33.30㎡

売却額:3,820万円

家賃:145,000円

 

《ケース2》

地域 : 横浜市

築年数:平成3年

面積:21.60㎡

売却額:590万円

家賃:居住中

 

==================================================

■ 2. TOCHUが選ぶ!気になる不動産業界ニュース

―――――――――――――――――――――――――

 

こんにちは!

いよいよ本格的な春の季節がやってまいりましたね。

まだまだ、朝や夜は冷え込み、コロナウイルスも

落ち着かない状況ではございますので、体調管理には気をつけていきましょう。

 

さて、本日の「TOCHUが選ぶ!気になる不動産業界ニュース」は下記になります。

 

投資用ワンルームマンションを購入したけど…

6割以上が「想定と現実にギャップ感じた」 損失が出ている人も3割強

 

金融機関への返済、建物管会社へお支払いする管理費・修繕積立金の値上げ、

お部屋の損害箇所の管理等の費用で、気づくと月々の収支がマイナスになっていて困っている。

そんなオーナー様の声をよく耳にします。

しかるべきタイミングでのご売却や些細なお悩みにも、紳士に対応し

より良いご判断をしていただける提案ができる様、尽力してまいります。

コラムをもっと見る メールマガジン(無料)に登録する

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6