ワンルーム投資コラム

12/15《投資ワンルームマンション成約事例&ニュース》 「2021年の不動産投資を表す漢字、第1位は?」

 ◆―――――――――INDEX―――――――――――◆

. 最新の成約事例 ご紹介

. TOCHU(とうちゅう)が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

==================================================

 1. 最新の成約事例 ご紹介

―――――――――――――――――――――――――

《ケース1

地域 : 江東区

築年数:平成27

面積:25.88

売却額:2,100万円

家賃:86,925円(保証)

 

 

《ケース2

地域 : 世田谷区

築年数:平成26

面積:25.43

売却額:2,300万円

家賃:101,175円(保証)

  alt=

 

 ==================================================

 2. TOCHU(とうちゅう)が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

―――――――――――――――――――――――――

 

こんにちは!

2021年もあと僅かになりました。

皆様は、年末年始どのように過ごすご予定でしょうか?

私は、自宅の大掃除を徹底的に行う予定です!!

 

さて、本日の「TOCHU(とうちゅう)が選ぶ!気になる不動産業界ニュースは」下記になります。

 

2021年の不動産投資を表す漢字、第1位は?2位「騰」3位「耐」。昨年に比べ、明るい兆しを感じさせる回答が目立つ

 

毎年、その年の漢字が発表されておりますが、

2021年の不動産投資を表す漢字が発表されました!

不動産投資を行っているオーナー様のアンケートをもとに、

作成したランキングとなっております。

 

3位は、、、「耐」です!
コロナ禍の昨今、様々な面で耐えることがあったかもしれません。

現在の世の中を表す漢字となっております。

 

2位は、、、「騰」になります!

ウッドショックによる価格の高騰やDIYブームの沸騰等が理由となります!

 

1位は、、、、、、、、、、、、

ぜひ記事をご確認ください!!

 

前向きな文字もあれば、マイナス要素の漢字もありました。

コロナ禍に慣れてきた反面、新型ウイルスの感染に関する報道等により、

不安な面が出てきている方も多くお見受けいたします。。。

 

不安定な市況になりますのでこれを期に運用を見直されてみてはいかがでしょうか?

無料で売却相談や運用方法についてご相談させていただきます!

 

お気軽にお問い合わせくださいませ。

コラムをもっと見る メールマガジン(無料)に登録する

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6