ワンルーム投資コラム

10/31《投資ワンルームマンション成約事例&ニュース》 住み続けたい街、自治体トップは「東京都武蔵野市」

◆―――――――――INDEX―――――――――――◆
1. 最新の成約事例 ご紹介
2. 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース

==================================================
■ 1. 最新の成約事例 ご紹介
―――――――――――――――――――――――――
《ケース1》
地域 : 板橋区
築年数:昭和62年
面積:16.64㎡
売却額:600万円
家賃:52,000円

《ケース2》
地域 : 目黒区
築年数:平成21年
面積:26.24㎡
売却額:2,500万円
家賃:―

 

==================================================
■ 2. 東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース
―――――――――――――――――――――――――

こんにちは!
夏にこわ~い出来事がありました。
エアコンを消し忘れて、会社に出社。
家に帰宅したら、、、感知器が鳴っておりました!
本当にビックリしました。
引っ越しを考え始めた夏の出来事でした。

さて、本日の「東・仲が選ぶ!気になる不動産業界ニュース」は下記になります。

住み続けたい街、自治体トップは「東京都武蔵野市」

今回は、住みたい自治体ランキングではなく、住み続けたい自治体ランキングです。
住み続けたい自治体ランキング1位は記事の通り「東京都武蔵野市」でした。
ちなみに2021年度、住みたい自治体ランキング1位は「東京都港区」です。(2016年から1位継続中)
私は、住みたい自治体も、住み続けたい自治体も同じ自治体だと思っておりましたが、
結果は異なっており、予想外でした。
もし、所有マンションのエリアで、住み続けたいランキング上位の物件をお持ちでしたら、
ぜひ一度査定をしてみませんか?
当然、査定は無料にて行っており、価格だけ知りたい方でも、喜んで無料査定致します。

コラムをもっと見る メールマガジン(無料)に登録する

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6