ワンルーム投資コラム

1/15《投資ワンルームマンション成約事例&ニュース》 「2022年はマンション管理の変化の年か。4月に2つの新制度が開始。」

◆―――――――――INDEX―――――――――――◆

1. 最新の成約事例 ご紹介

2. TOCHUが選ぶ!気になる不動産業界ニュース

==================================================

■ 1. 最新の成約事例 ご紹介

―――――――――――――――――――――――――

《ケース1》

地域 : 川崎市

築年数:平成10年

面積:25.62㎡

売却額:1,850万円

家賃:85,600円

《ケース2》

地域 : 品川区

築年数:平成10年

面積:17.98㎡

売却額:1,550万円

家賃:空室

 

==================================================

■ 2. TOCHUが選ぶ!気になる不動産業界ニュース

―――――――――――――――――――――――――

 

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

社名が「株式会社TOCHU」に変更となりました。

私も会社と共に成長と変化の1年にしたいと思っております。

今後ともTOCHUをよろしくお願いいたします。

 

さて、本日の「TOCHU(とうちゅう)が選ぶ!気になる不動産業界ニュース」は下記になります。

2022年はマンション管理の変化の年か。4月に2つの新制度が開始。区分投資家には朗報、1棟もののオーナーも注目。

 

4月より国の新制度となる「マンション管理計画認定制度」と、

一般社団法人マンション管理業協会による「マンション管理適正評価制度」がスタートします。

これらの制度が導入されることにより、マンション管理の質の向上が期待でき、

マンションの評価基準にも変化が見られそうですね。

コラムをもっと見る メールマガジン(無料)に登録する

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6