ワンルーム投資コラム

ワンルームマンション投資成功のポイント。
マンション投資は儲からない、は本当?

 

ワンルームマンション投資は、サラリーマンでも始めやすい投資ということもあり、高い人気を誇っています。

 

しかし、全ての人がもれなく成功しているわけではなく、なかには苦戦を強いられている人がいるのも事実です。そういった方の体験談を聞いたり、読んだりして「ワンルームマンションは実は儲からないんじゃないかな」と疑念を抱く人もいることでしょう。

 

しかし、ワンルームマンション投資は本当に儲からないのでしょうか。今回は、ワンルームマンション投資が儲かるかどうかを検証し、成功のポイントを考えてみたいと思います。

ワンルームマンション投資の成功とは何か

「ワンルームマンション投資の成功」と聞くと「儲けた」という図式が頭の中にある人は多いことでしょう。その解答は正解です。しかし、もっと踏み込んで「何が土台になって成功したか」を聞くと、意外にはっきりと把握できていない人は多いようです。

 

では、「何が土台となって儲かったか」まで、落とし込んで考えてみましょう。

ワンルームマンション投資の成功パターン

ワンルームマンションの成功パターンは2つに大別することができます。「家賃収入が維持ができているパターン」と「高値で売却できたパターン」です。

 

言うまでもなく、ワンルームマンション投資は良い物件を手に入れることが何にも増して重要です。しかしそれだけでは不十分で、時間経過とともに起こる家賃の下落を避けなければなりません。

 

家賃収入を継続的に得るためには、空室を徹底的に避け、しかも良い状態で維持しなければなりません。それができない場合には、無収入の期間が発生したり、家賃減額のリスクを負うからです。そうならないための総合的な物件管理が非常に重要となるのです。

 

次に、売却が上手く行くパターンです。これも物件管理が大きなカギになります。投資用不動産の売却先は、多くの場合が別の投資家です。そのため、売却先の投資家は売ろうとするワンルームマンションの収益性を徹底的に検討します。そして、希望に沿うならば売却が可能になり、沿わなければ値切られるか破談になります。

ワンルームマンション投資の失敗とは

では、ワンルームマンション投資の失敗はどの様な状態を指すのでしょうか。

 

簡単に言うならば、前述した成功パターンの逆です。つまり家賃が思うように入ってこない状態と、売りたくても売れない状況になってしまうことを失敗といって良いでしょう。

 

家賃収入と金融機関への返済がマイナス(赤字)になってしまう状況や、売却価格が購入した時の物件価格を大幅に下回った場合などは、はっきりと失敗と言える状況です。

ワンルームマンション投資は儲からない?

では、ワンルームマンション投資は本当に儲からないのでしょうか。

 

答えはNOです。良い物件を購入し、良い状態を維持すれば、高いレベルの家賃を維持することが可能ですし、売却先も決まりやすいのです。

 

これは入居者の立場から考えれば一目瞭然です。誰であっても良い部屋に住みたいですし、気持ち良く生活できる物件であれば、引っ越しも考えません。

別の投資家の立場であっても、高い家賃がキープできている物件は高くても欲しいはずです。

投資マンション経営の
お悩み相談はこちら

 

ワンルームマンション投資を成功させるポイント

それではワンルームマンション投資を成功させるポイントとは、どの様な物が挙げられるのでしょうか。

ワンルームマンションの物件探し

物件探しは最も重要な要素です。絶対に、収益性の高い物件を選ばなければなりません。

 

まず可能であれば新しくて、良い立地にある物件で、手の届く価格にある物件です。

 

こういった物件を探していると、新築ワンルームマンションが目に入ることでしょう。しかし、焦って新築物件を購入してしまうと、思わぬ落とし穴に入ることもあります。

 

新築物件は良い立地にあり、高い入居率が期待できますが、新築プレミアム(プレミア)という付加価値が販売価格にのっているため、利回りが落ちてしまうのです。新築プレミアムとは簡単に言えば、マンション開発会社がとる利益のことです。販売価格にプレミアムがのる分だけ、投資家に入る利益は減ります。

 

では、中古マンションでなるべき安く買えるものを探せば良いのかというと、それも違います。投資費用を抑えることばかりを考えると、本当に人気の無い物件を掴まされることもあり得ます。

 

つまり、「入居者から見た物件の魅力」と「投資費用」のバランスの取れた物件を探すのが大きなポイントとなるのです。

 

ちなみに、この様な物件に当てはまるのが築浅の中古物件です。築浅の物件は中古物件なので、新築と比べて大きく値を下げます。その一方で設備の老朽化はそれほど進んでいません。その結果、家賃の期待ができて、しかもリーズナブルな価格で入手が可能です。不動産投資家にとって魅力のある物件なのです。

購入後のワンルームマンション経営・管理

購入後の経営における不動産管理も大きなポイントとなります。

 

物件の状態を悪くしてしまうと、空室の発生や次の入居者が見つ駆りにくくなり、家賃の減額も余儀なくされてしまいます。

 

また、空室期間中も、ローン支払いやと固定資産税などの税金が発生します。儲かるどころか赤字に転落してしまいます。

 

家賃は一旦下がってしまうと簡単には回復ができません。そうすると収入が落ちてしまい、利回りも併せて落ちてしまいます。この状態でも赤字になってしまうのです。

 

さて、物件管理というと、部屋のメンテナンスを連想することでしょう。しかし、物件管理は部屋だけの問題ではありません。入居者の人間性まで見切らなければならないのです。どんなに物件を良くしても、入居者の扱いが乱雑だと物件は傷んでしまいます。そのため、入居者の審査まで含めて気をつけなければならないのです。

ワンルームマンション投資の出口戦略

出口戦略は可能な限り高値で物件を売却することが重要です。そのため、タイミングを見切るのが非常に大切になります。

 

また、出口戦略を成功させるためには、良い売却先を見つけなければなりません。これは個人の投資家では非常に難しい作業です。

 

さて、不動産取引は個人でも不可能ではありませんが、実際問題としては困難です。宣伝ツールに乏しい個人と、販売網がしっかり整っている不動産会社では、やはり勝負にはなりません。

 

そのため、出口戦略を成功させるためには、良い不動産会社の助力が必要です。良い販売会社は営業力も高いため、有力なパートナーとなるのです。

 

ワンルームマンションの出口戦略に関してはこちらで詳しく紹介しています。

区分マンション投資の出口戦略を考える。今すぐ売却をすすめる条件とは

投資マンション経営の
相談窓口

ワンルームマンション投資の成功のためにはパートナー探しが重要

ワンルームマンション投資をこれから始めようとしている人、あるいは既にワンルームマンション投資を始めている人にとって、不動産会社の存在は非常に大きいです。

では、どの様な会社が良いパートナーになり得るのでしょうか。

購入時、良い条件の物件を提案してくれる不動産会社

先にも挙げたように、ワンルームマンション投資は、入居率だけを見るべきではありません。仮に入居率が上がったとしても、物件の購入費用が膨らんでしまえば利回りが落ちてしまうからです。

 

そのため、ワンルームマンションの購入時、不動産会社を選ぶ際には「物件の入居のしやすさ」だけを提案する会社では無く、投資費用を併せて考えてくれる「収益性の高い物件」を提案してくれる会社が良いでしょう。

 

購入時に不動産会社を探す際は、物件の利回りやリスクなども教えてくれる会社を探すのがポイントです。耳に優しい言葉だけを言ってくる会社は避け、悪い部分まできちんと説明してくれる会社を探しましょう。

物件管理や出口戦略も任せられる不動産会社を探す

物件管理が非常に大切なポイントであることは前述の通りなのですが、これを個人でやるならば、少々ハードルが高いです。物件管理は単に部屋を管理するだけでは無く、入居者の管理も必要になるからです。

 

そのため、管理はプロに任せるのがおすすめ。不動産会社で物件管理も専門的にしているところもあるので、その様な会社に依頼すると良いでしょう。

 

また、出口戦略に関しても、良い不動産会社を見つけるのが大きなポイントです。単に売りっぱなしと捉えるのでは無く、売却のタイミングまで提案してくれる会社がおすすめです。

投資マンションを
高く売却できます!

コラムをもっと見る メールマガジン(無料)に登録する

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6
Top