ワンルーム投資コラム

売却が決まらない?査定額の高い会社に依頼をしてもダメな理由

1番高い査定額なので、その不動産会社に媒介依頼をしたのに、なかなか売却が決まらなくて困っている。弊社には、このようなご相談が非常に多く寄せられます。なぜなのでしょうか?

 

26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s

WEBの一括査定サイトによって比較が容易になったのと、不動産会社の競争が激しくなっている近年、この傾向は増えてきています。
まず、査定サイトを運営している会社としては多くの不動産会社に情報供給するほど利益になりますので、可能な限り多数の不動産会社への査定依頼を勧めてきます。

これにより、不動産会社は常に3~6社での競争にさらされています。そのため、まずは価格で勝たなければ、選ばれないと考えるようになります。

 

お客様の聞き取りアンケートでも、価格は依頼先を決める大きな要因になっています。
さらに、不動産会社では媒介のノルマが厳しく、相場より高くてもいいので、まずは依頼を受けるということを、推奨している会社もあります。

(売主様には「具体的な買主がいます。高値でチャレンジさせてください、可能性があります」と伝えて依頼を受けるようです。)

 

相場よりも高く売却依頼を受けると成約にならず、結局は高く査定をした会社は損をするのではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

そこに売主の微妙な心理状態があります。
数カ月間の媒介期間に申し込みがなくて、高くやってもらったが駄目だったので諦める、または、業者の説得(値下げ交渉)によって、気持ちが折れる方が多く、結果、大幅に価格を値下げして成約になっている売主が多いのです。

 

媒介後の価格値下げを狙って、高い査定額で媒介契約を受ける会社は多数あります。
売主の心理を突いた作戦なのです。
そもそも他社より査定額が高かったのだから仕方がない、今更、他社に相談するのは、連絡を無視していたので面倒に感じる。また、最初から依頼をスタートするのも手間に感じる。このように思われる方が多いのです。

 

注意です。気をつけて下さい。このような心理作戦を行ってくる会社では、高値で成約できません。なぜならば、売主が価格を下げることにしか、意識がないからです。さらに、具体的に高く買ってくれそうなお客がいなくても、売主を確保しておけば、そのうち契約になると考えていて、条件のいい買主を増やす努力をしていない可能性もあります。

 

優良不動産業者は、無理な高い査定を出してまで依頼を欲しがりません。
具体的に条件の良い買主がいるならば、可能性のあるギリギリの高値を提案し、すぐに交渉します。売主が諦めて価格を下げるまで、時間を無駄に使うようなことはしません。
無駄に時が経てば、せっかく集めている買主の状況が変わってしまい、好条件で購入して頂けない可能性があります。そのため、現在の高値で買える方に最善の交渉をします。

 

以上のような理由で、査定額が高いだけで申込がない業者は、いくら時間がかかっても、良い結果になりません。無駄な心理戦に付き合わないために、査定価格だけで判断をせず、極端に高い会社には依頼をしないことが大切です。

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6