ワンルーム投資コラム

【悪徳業者に要注意】投資マンション売却の囲い込み

投資マンションの悪徳業者

 

投資マンション業界には悪徳業者が数多く存在しています。

オーナーさまの物件を高く売るためでなく、自社の利益を最大にする「囲い込み」が問題になります。

売却価格が大きく変わり、満足度も変わってきますので、悪徳業者に騙されないようにしましょう。

 

次の2つのポイントで、囲い込みが発生しますので、これから売却をするオーナーさまは注意してください。

 

  • 売却を依頼するとき
  • 売却依頼の後

 

専門会社である当社が、事例もふまえて解説します。

 

売却依頼をする業者選定のときの囲い込み 事例

Hさんは名古屋在住の方で、お仕事の関係で上京された際に、見積もりを出した3社の話を伺う予定でした。

最初に足を運んだF社の査定金額は 2100 万円でしたが、Hさんから、この後2社と話をすることを聞いた営業担当者に、「いま専任で決めてもらえれば高値で購入される方を紹介できます」と言われ、押し切られる形で依頼を出すことになりました。

 

売出し価格は 2200 万円だったそうです。私たちは、お断りの連絡でそのことを知ったのですが、

後日Hさんにお話を伺ったところ、最終的には2か月後に2000 万円で売却が成立したそうです。

 

査定金額通りではあるのですが、Hさんは「もう少し比較してみたかった」と仰っていました。当社の営業スタッフも「もう少し挑戦したかった」と残念そうでした。

結局、F社の言う「高値で購入される」見込み客は存在しなかったのだと思います。

 

いたとしても「購入に興味を持ってくれるかもしれない」程度であったのでしょう。

営業担当者の方は非常に熱心な様子であったそうです。

 

実際に、買い手を見つけて売却を成立させているわけですが、できれば専任であたりたかったので、嘘(あるいは盛った発言)をついたのだと思います。

仲介会社としては、ライバルを気にせず、じっくりと取り組むことができるので、専任媒介契約や専任専属媒介契約を望む気持ち自体は、私も理解できます。

では、なぜHさんは、専任で契約されたのでしょうか。

当社のお客さまからお話を伺う限りでは、「専任にすることでがんばってくれるのでは」という期待が大きいようです。

 

私たちも、専任で任せていただけると「期待に応えたい!」と気合が入ります。また、知識が少ないと、窓口が増えても混乱してしまうので、経験値の少ないオーナーさまは一般媒介契約を嫌う傾向があるようです。

ただ、望んでの専任ならよいのですが、この事例のように、熱意や圧力に押し切られて……という話もよく見聞きします。

語弊を恐れずに言うなら、「あまり考えずに不動産投資に手を出している」投資家は少なからず存在します。私見ですが、全不動産投資家の1割くらいが該当すると思います。

抱え込みを狙う営業担当者は、この層を狙っているのです。

 

この層の投資家は、一度押し切って専任にしてもらえば、3か月経って成約できなくても「このままここに任せればいいか」と考えがちです。そのような心理を突いて、強引に専任を取りに行きます。

そして、契約前にはもっと高い査定金額で強気の発言をしていたのに、最終的には少しずつ売り出し価格を下げるようにアプローチしていきます。

これも、「成約しやすいように」というよりも、相場より大分安くでき、自社で購入・転売してその値下げ分を利益にすることを狙ってのものであることが多いです。

当然ながら、そんな業者ばかりではなく、信頼できる業者もたくさんいます。

いい業者であれば専任のメリットも多いと思います。

しかし、基本的にはあまりにも熱心な業者には、注意することをお勧めします。物件を購入したとき、押し切られ気味に買ってしまった自覚がある方は、特に要注意です。

売却時も、その人の良さにつけ込もうと考える業者は、残念ながら存在するのです。

 

 

売却依頼の後に囲い込み

不動産会社に投資用ワンルームマンションの売却依頼をすると、

不動産会社の営業パーソンは、通常であれば、なるべく高値で売れるように様々な工夫をします。

自社だけで買い手を探すことだけにこだわらずに、

不動産のポータルサイトに広告を出したり、レインズに登録し、他の不動産会社にも

声をかけて、なるべく高く早く好条件の買主を探し、売却が成功するように努力をします。

 

しかし、一部の不動産会社では、他の不動産会社にあなたの物件を

一切社外に紹介せず、自社のお客様だけで探すことに、こだわることがあります。

この行為を「囲い込み」といいます。

 

レインズに物件登録をしていても、不動産会社からの物件確認の連絡に対して、

すでに申し込みが入っていて契約予定と回答して、断ったりすることもあります。

他の不動産会社はよせつけず、買いも売りも自社だけで完結しようとして、

仲介料を双方からもらい、自社の利益の最大化を狙います。

 

 

売主様には、「なかなか申し込みが入らない」など嘘の報告をして、

「価格をなさげしてほしい」など交渉をしてくることもあります。

売主様の投資ワンルームマンションを高く売る目的に反する、悪質な行為です。

 

 

このような営業パーソンのいる不動産会社には、くれぐれも気をつけてください。

極端に安い価格で、投資ワンルームマンションが売却される危険性をはらんでいるからです。

悪質な場合、市場価格の半値で売却されるケースもあります。

 

 

囲い込みをされると、物件が売れるチャンスを増やせず、売主は困った状況になります。

しかし、不動産会社側は、他社に流れずに自社だけで買い手を見つけられるので、

買主と売主の双方から仲介手数料をもらい、仲介手数料で儲けることができます。

そのため、売上を2倍にしようと、「囲い込み」を行うように画策するわけです。

 

 

極端な例ですが、売れるチャンスを増やして高値で売るよりも、

囲い込みをして価格を安くして売ったほうが、

得だと考えるような会社も実際にありますので注意が必要です。

 

また、大手の不動産会社だから安心と言うこともないようです。

参考:「大手不動産が不正行為か 流出する“爆弾データ”の衝撃」
http://diamond.jp/articles/-/69998

 

売主様は数ある不動産会社から、本当に信頼できる会社を探していただきたいです。

投資ワンルームマンション売却の不動産会社の選定ポイントは

下記コラムから確認をしてください。

投資用ワンルームマンション売却をお願いするべき不動産会社選定のポイント

 

コラム監修者

伊藤幸弘

資格:宅地建物取引主任者・賃貸不動産経営管理士・ファイナンシャル・プランニング技能士・競売不動産取扱主任者
書籍:『投資ワンルームマンションをはじめて売却する方に必ず読んでほしい成功法則』
プロフィール:2002年から中古投資マンションを専門に取引を行う。
2014年より株式会社TOCHU(とうちゅう)を設立し現在にいたる。


ベストカンパニー2021
投資用マンション専門
顧客満足度93%

投資マンションオーナに 
役立つコラム


書籍プレゼント


本ページをご覧の方のみに、全国書店・Amazonにて1,540円で販売をしております書籍を無料でプレゼントいたします。下記よりダウンロードください。
本書でお伝えしたいのは、投資マンションのオーナーさまが、「売却に成功」することと、「基本的な知識」と「取引事例」を得てもらうことです。
後悔なく、納得した、満足できる売却をしてもらいたい。
株式会社TOCHU(とうちゅう) 代表取締役の伊藤の投資マンション業界をより良いものにしたいというメッセージも込めています。
今後、どこかのタイミングで売却する可能性がある方はご覧ください。

    氏名
    メールアドレス



    おかげさまで、累積取り扱い件数 
    \ 10,000件突破 /
    \ 無料 / 相場検索
    物件の売却相場を検索

      物件住所必須
      築年数必須
      家賃月額必須
      広さ必須
      管理費・修繕

      積立金月額
      必須
      お名前必須
      e-mail必須

      お問い合わせ

      Fudousan Plugin Ver.1.6.6