ワンルーム投資コラム

収益物件を売却する最適のタイミングはいつ!?高く売る方法について

収益物件の書籍

 

収益物件の売却に適したタイミングを、市場と物件の要因から解説していきます。金利・株価・利益確定・家賃など、さまざまな要因が影響して売却価格が決定します。取引前に高く売却する方法を押さえて、後々後悔しないようにしましょう。

 

市場で考える収益物件の売却に適したタイミング

金利、株式など、市場環境の変化は収益物件の価格に大きな影響を及ぼします。まずは収益物件の売却に適したタイミングを、市場の側面から考えてみましょう。

 

金利低下

金利が下がれば、期待利回りが低くても収支がプラスになります。その結果、売却価格が割高でも物件を購入する投資家が増加。需要の高まりを受けて競争が激しくなり、売却価格も上昇します。

 

株式高騰

株価の高騰で、投資家の資産が増加。資産効果により、投資家の消費意欲が刺激され、株式市場の利益確定の資金が不動産にも流れてきます。余剰資金が不動産に流れた結果、不動産市場が活発化し、売却価格が上がります。

 

金融緩和

収益物件の9割以上がローンでの取引です。そのため、金融機関の評価額によって不動産価格が決まります。金融緩和で市場が活性化した結果、売却価格も上がります。

 

取引件数増加

価格の上昇は市場の活性化に繋がり、取引件数も増加していきます。価格の決定には事例比較が大きく影響するので、高値での取引の増加により、さらなる高値での取引が期待できます。市場が活性化するタイミングを逃さないことがポイントです。

高値売却ができる理由とは?

物件で考える収益物件の売却に適したタイミング

市場の変化という外的要因も価格決定の重要な要素ですが、物件自体の内的な要因も価格の決定に大きく関わります。自身の所有する物件の状況を把握することは、売却のタイミングを探る上で大きな手助けになるでしょう。

 

利益確定

不動産投資において、収益をプラスで終わらすことがなにより重要です。「安く買って高く売り、その間の家賃が得になり、トータルでプラス」が収益物件経営の理想的なイメージになります。価格の変動をうまく利用しながら収益化を目指しましょう。利確できるタイミングを見計らって売却してください。

 

損切り

全ての物件で利益が出るとは限りません。収支が赤字の物件の場合、「損切り」を実施することで損失をこれ以上拡大させない判断も重要です。

 

大規模修繕工事の前

大規模修繕工事など、大きな追加費用が発生するタイミングで売却するのも一つの手です。一時金が必要になる前の時期を狙って、売却を検討しましょう。

 

相場よりも高く賃貸中

投資家は物件の利回りをみて、購入を判断します。賃料が相場よりも高い物件は投資家にとって魅力的で、高額売却できる可能性が高いでしょう。

所有する物件が将来的にどのくらい稼ぐ力を持っているかを算出する収益還元法を利用すれば、物件のおおよその収益性を計算できます。所有する物件の利回りが相場から割安なのか割高なのかを知る、客観的な指標になるでしょう。

オーナーチェンジでの売却は物件の種類によって価格が異なる

オーナーチェンジでの売却は、物件の種類によって安くなることも高くなることもあります。例えば、ファミリータイプなどの広い物件は、ワンルームマンションなどに比べて面積当たりの家賃が割安になる傾向があります。利回りが悪いファミリータイプでは、オーナーチェンジよりも空室の状態で売却した方が高く売れるケースも。

反対に投資ワンルームやアパートなどの収益物件は、入居者がすでにいる状態の物件の方が、収入が安定し買主が購入しやすいので価格が高くなります。

 

 

収益物件を高く売る方法

収益物件の売却価格は市場や物件の状況によって、大きく左右されます。しかし、どんな状況でも自分自身の心掛けや行動により、より高く売れるためのポイントがいくつか存在します。このポイントを必ず押さえて、取引に向かいましょう。

 

専門会社に依頼

収益物件の売却を専門とする不動産会社に依頼しましょう。専門会社は購入希望者を多数抱えています。紹介できる客数が多ければ、競争原理が働くため高く売れる可能性が高まります。

取引経験やノウハウが多ければ、オーナーチェンジでトラブルになる可能性も減らせるでしょう。

 

複数社で査定

適切な価格で査定し、機会損失しないようにしましょう。業者によって必ず価格にばらつきがあります。高く売るためには合い見積もりをして、比較することが大切です。

一方、価格査定が高すぎる場合にも注意が必要です。最終的に売れなければ意味がありません。

 

賃料を高くする

利回りが良ければ、それだけ高い価格で売れます。空室や更新時に少しでも賃料を高くできないか、戦略的に考える視点が必要です。

売却を検討した段階で、数年前から賃料をいかに高くできるか計画を立て、戦略的な不動産運営をおこないましょう。

 

売出し価格を相場から1割高くする

少しでも高く売却するためには、最初の売出し価格を相場より少し高めに設定することも効果的です。しかし、高く設定し過ぎると申込み自体がなくなってしまうので注意しましょう。

かんたんLINE査定とは?

収益物件の売却のメリット

収益物件は空室がなければ、毎月安定した収入が期待できます。しかし、その一方で収益物件の不動産経営にはリスクも伴います。売却することで自身の財政状況の改善や、リスクを分散できるメリットがあります。

 

現金化できる

現金化により、利益確定ができます。ローンよりも売買金額が多ければ、ローンから売買価格を差し引いた分の利益も手元に残るでしょう。

 

ローン債務圧縮

売却の一括返済により、自身のローン債務の負担を減らし身軽になれるでしょう。不動産投資ローンがなくなることで、自宅購入のための住宅ローンの枠も増額できます。

 

リスクから解放される

収益物件経営を続けている間は、「価格変動」や「老朽化によるコスト増加」など、多くのリスクに晒されています。売却することで、そのような収益が悪化する不安から解放されるでしょう。

 

 

収益物件の売却のデメリット

収益物件を売却することは、安定した収入源を手放すことになります。売却の際に発生するコストも見逃せない点です。

 

収益がなくなる

収益物件を売却して所有権がなくなれば、当然今まで得られていた収入が一切なくなります。先行き不透明な社会状況の中で、毎月一定の賃貸収入が得られる不労所得は魅力的です。

 

安い価格での取引になることも

収益物件の売却の場合、賃料が価格に大きく影響します。賃貸需要が少ないエリアの物件では、賃料が安くなる可能性が高いでしょう。さらに、投資家のニーズが少ないエリアでの取引の場合、申し込み自体が少なく価格競争も生まれません。そのような地域での取引では、相場よりも高値の売却は難しいかもしれません。

 

取引コストがかかる

売却には仲介手数料など、取引の際に発生する諸々の費用の支払いが必要です。売却して新しい物件に買い替える場合、その諸経費分のコストが丸々損失になります。

売却、そして次の物件を購入するのには、最低でも数ヶ月の時間がかかります。すぐに次の物件を買い替えることは難しく、無収入が続くその状態もコストとして考えられるでしょう。

 

 

収益物件の売却には、景気動向や家賃価格など、あらゆる条件が大きく影響して価格が決定します。売却の最適なタイミングは、物件の価値が最大化する市場環境の見極めに加えて、売り主の不動産の経営や所有する物件の状況などの複合的な要素が絡んでくるので、人や物件によって異なります。売却のメリットとデメリットを考慮しながら総合的な判断をした上で、売却するタイミングを決定してください。

収益物件の売却にお悩みの方は、収益物件の売却実績の多い専門会社に相談することをお勧めします。

コラム監修者

伊藤幸弘

資格:宅地建物取引主任者・賃貸不動産経営管理士・ファイナンシャル・プランニング技能士・競売不動産取扱主任者
書籍:『投資ワンルームマンションをはじめて売却する方に必ず読んでほしい成功法則』
プロフィール:2002年から中古投資マンションを専門に取引を行う。
2014年より株式会社TOCHU(とうちゅう)を設立し現在にいたる。


ベストカンパニー2021
投資用マンション専門
顧客満足度93%

投資マンションオーナに 
役立つコラム


書籍プレゼント


本ページをご覧の方のみに、全国書店・Amazonにて1,540円で販売をしております書籍を無料でプレゼントいたします。下記よりダウンロードください。
本書でお伝えしたいのは、投資マンションのオーナーさまが、「売却に成功」することと、「基本的な知識」と「取引事例」を得てもらうことです。
後悔なく、納得した、満足できる売却をしてもらいたい。
株式会社TOCHU(とうちゅう) 代表取締役の伊藤の投資マンション業界をより良いものにしたいというメッセージも込めています。
今後、どこかのタイミングで売却する可能性がある方はご覧ください。

    氏名
    メールアドレス



    おかげさまで、累積取り扱い件数 
    \ 10,000件突破 /
    \ 無料 / 相場検索
    物件の売却相場を検索

      物件住所必須
      築年数必須
      家賃月額必須
      広さ必須
      管理費・修繕

      積立金月額
      必須
      お名前必須
      e-mail必須

      この記事を読んだ方におすすめの記事

      お問い合わせ

      Fudousan Plugin Ver.1.6.6