ワンルーム投資コラム

マンション買取の注意点を知りたい!買取のメリットとは!?

マンション 室内

所有するマンションを不動産会社に直接買い取ってもらう「買取」。マンション売買を検討する上で、買取の注意点はぜひ知っておきたいポイントです。取引をはじめる前に調べて、知らずに損してしまったと後悔しないようにしてください。

今回のコラムでは、マンション買取のメリットとデメリットについても紹介しています。また、不動産会社にマンションの買い手をみつけてもらう「仲介」との違いについても解説します。

 

マンション買取の注意点

「買取」はすぐに現金化しやすい点や、売却の際に関わるさまざまな手間が必要ない点など、メリットも多い取引形態です。しかし、マンション買取には気をつけるべき注意点も少なくありません。

この注意点をしっかり把握して、間違った判断によって損をしないようにしましょう。

 

  • 相場観を持つ
  • 2社以上で査定する
  • 買取実績のある会社を選ぶ
  • ローンの残債を確認
  • 物件所在地・物件種類の売買が得意な会社に依頼する
  • 引渡しの条件を確認する
  • 中間省略の業者には気を付ける

 

相場観を持つ

ポータルサイト、自動査定などを活用して相場観を持ちましょう。情報弱者では、買取業者に安く買い取られてしまいます。

物件の売買において利害関係者同士となる、不動産会社を完全には信用してはいけません。相場を把握した上で交渉に臨み、価格交渉において不利な立場にならないようにしましょう。

 

2社以上で査定する

複数の会社に買取価格の査定を依頼することで、大きな損失を防ぐことができます。査定先は、自分自身で依頼する会社を探しても、一括査定サイトを利用しても、どちらでも構いません。複数の会社に査定を依頼することで、価格判断を間違えなくなるでしょう。

 

買取実績のある会社を選ぶ

買取できる資金力が不動産会社自体にあるのか確かめるために、仲介だけでなく買取実績を確認しましょう。

その会社の信用を知らずに、提示された価格だけで買取先を選んでしまうのは危険です。資金力がない会社の場合、売買は決まったものの売却先が見つからず、引き渡しができないという事態も想定できます。

 

ローンの残債を確認

マンションのローン残額が残った状態でも買取は可能です。しかし、ローンの返済計画が不透明な状態では、解約もしくは売買契約が見直しを迫られる可能性があります。

事前にローン返済計画を金融機関としっかり話し合い、今後のローン返済に問題がない状態で買取交渉に臨んでください。

 

 

物件所在地・物件種類の売買が得意な会社に依頼する

「関東地域に販売網を持つ」、「ワンルームマンションの売買実績が豊富」など、不動産業界でも住み分けが進んでいます。

所有する物件の属性に対して売買が得意な業者に依頼をすることで、より高値で販売できる可能性が高まります。不得意な物件を取り扱う業社は転売に不安があるので、どうしても厳しい査定になりがちなのが現実です。

 

引渡しの条件を確認する

残置物やエアコンなどの設備の引き渡し条件や、明け渡しの時期など、トラブルにならないように事前に綿密な打ち合わせをしましょう。契約締結前に必ず売買契約書を確認してください。

 

中間省略の業者には気を付ける

自社で買取する資金力がなく、転売成立後に入ってくる売却利益を当てにして契約をする業者がいます。

中間省略で登記をせずに転売をする不動産会社は、転売が決まらないと決済ができない場合もあり、注意が必要です。

マンション買取ご相談はこちらから

マンション買取のメリット

注意点も少なくないマンション買取ですが、その反面、まとまったお金がなるべく早く必要な人や極力取引の関する労力を省きたい人などにとって、買取は魅力的なメリットを数多く持っています。

 

手間がかからない

買主が不動産会社なので、契約日や引き渡しの期限、残置物などについて融通が効きます。ローン条項などもなしで確実に引き渡しができるので、手間がかかりません。

 

早期売却

買取の場合、最短3日長くても1ヵ月で、マンションの引き渡しが決まります。仲介と異なり市場から探す必要がないので、早期売却が可能です。

 

契約不適合責任を免責

売却後に物件の瑕疵が発見された場合、売買契約に適合していないと見なす「契約不適合責任」により、新しい買主は売主に対して、修繕費用や契約解除などを請求できます。

しかし、業社に買取を依頼した場合、契約不適合責任を免責する条件をつけて契約することが多いため、売却後の不安を減らすことができるでしょう。

 

 

内装工事がいらない

買取をした不動産会社が内装工事をおこなうため、現状のままでの部屋の受け渡しが可能です。設備不良でも問題ないため、追加の内装費用がかかりません。

仲介の場合、内装工事を実施しないと高く売れないこともあり、追加費用がかかることを覚悟しましょう。

 

近所に知られない

仲介で売買をするケースでは、現地販売会などで近隣住民に自宅を売り出していることを知られてしまいます。しかし、買取であれば不動産会社とのやり取りのみなので、秘密裏に進めることができます。いくらで売却をしたかを他人に知られることもありません。

 

手数料がかからない

仲介で売買が決まった場合、不動産会社に支払う仲介手数料が発生します。しかし、買取の場合では、その仲介手数料を支払う必要はありません。

マンション買取ご相談はこちらから

マンション買取のデメリット

マンション買取は、売却における取引がすべて不動産会社とのやり取りだけで完結するため、手間がかからず現金化も早い点がメリットです。しかし、売却に関わる労力が少ない分、金銭的なデメリットが発生します。

 

価格が安くなる

マンション買取の最大のデメリットは売却価格が安くなることです。仲介を通して市場の相場価格で売れた時に比べて、70~80%の価格になります。

 

不動産会社を見つけづらい

良い不動産会社を見つけることは、マンション買取を成功させる上で大きな助けになります。しかし、「資金力があり信用できる会社」や「売りたい物件の売却を得意とする会社」など、希望に合致する先を見つけることはなかなかの難題です。

 

査定価格から大きな値上げはない

業社側の買取希望価格は、業者側が転売したい価格帯からの逆算で決まります。仲介のように査定価格から大きく離れた価格で成約が決まることは少ないでしょう。値上げ交渉をしても値上げ幅には限界があります。

マンション買取と仲介の違い

買取 仲介
買主 不動産会社 一般ユーザー・不動産会社
取引形態 相対取引 市場取引
売却完了の期日 3日~1ヵ月 1~6ヵ月
費用 なし 仲介料・内装費用
価格 相場の70~80% 相場価格で上下
売却確率 確実 不確定

買取と同じく、不動産会社が間を取り持つことによって売却が決まる「仲介」。不動産投資初心者には、買取と仲介の詳しい違いがわかりづらいかもしれません。

買取対象が不動産会社のみで、売主と買主が直接契約を交わす「相対取引」の買取に対して、仲介の場合は、一般ユーザーと不動産会社の両方を買取対象とし、市場で流動的に価格が決まる「市場取引」で売買取引をします。

また、買取は売却までの完了までの日数が平均して、3日〜1ヶ月と短く、売買に関わる諸々の手数料が必要ないものの相場の価格に対して、70〜80%の売却価格になってしまいます。対して、仲介では、取引成約まで1〜6ヶ月と長期間になることも多く、なおかつ成約に至らない可能性があります。しかし、仲介の場合、仲介料や内装費用など追加の費用がかかるものの、相場によって価格が上下するので、より高値で販売できる可能性もあります。

買取、仲介どちらを選ぶにしても一長一短があるので、より自分に合った取引方法を選んでください。

 

 

マンション買取で注意するべき事例

マンション買取での具体的な事例を確認することで、自分自身の立場と照らし合わせながら注意点を確認しましょう。

 

自宅戸建てを新築で購入。生活していたマンションを売却することにしたAさん

Aさんは買取保証付きの媒介を勧められ、大手の不動産会社と媒介契約を締結しました。媒介契約を結んだ当初、熱心に買取を提案してきた不動産会社に対して、仲介の方が高く売却できると思うAさんは、仲介での販売を粘り強く主張していました。しかし、何時までたっても売却先が決まらない状況に業を煮やし、最終的に買取で売ることにしました。

今にして思えば、不動産会社側は仲介での販売をはじめから本気で営業するつもりはなく、買取ができる価格に下がるまで時間を稼ぎ、私が買取に心変わりするのを待つ作戦だったと感じています。Aさんは明確な売却戦略を持ち、それを指針に活動を進めるべきだったと後悔するばかりです。

Aさんの例では、「最初の3ヶ月は仲介で営業、その期間に決まらない場合は買取に変更する」というように、しっかりとした戦略を持って活動しなかったことが、後々の後悔に繋がっています。また仲介、買取、どちらの場合でも、複数の会社の話を聞いて比較、決定をしないと、情報不足のために損することにないがちです。

 

中間省略の業者に買取契約をするも、引き渡しができないBさん。

複数の会社に査定を依頼したBさん。検討の結果、価格が一番高い地元の小規模な不動産会社に依頼することにしました。契約の条件に中間省略の特約がありましたが、担当者に確認すると「資金があるので問題がない」と回答がありました。

しかし、引渡しの期日になっても物件の引渡しができなかったため、引渡しの期日を2ヶ月間延長することに。結局、2ヶ月待っても不動産会社は買取資金の用意ができず、Bさんは買取契約の解約を要求しました。不動産会社は、「解約には応じるが違約金は払う気はない」という対応をしてきたため、仕方なく弁護士を立てて違約金を請求することになりました。

価格だけで買取業者を決めてしまったことで、大きな負担が必要になったと後悔しています。

 

 

売却価格は下がってしまっても、早期の現金化や煩雑な不動産取引の手間を省きたい人にとって、買取は魅力的な売却手段です。相場観など不動産についてしっかり勉強をして、信頼できる不動産会社に買取を依頼できれば、失敗する可能性も極力少なくできるでしょう。

「自分は買取と仲介どちらが適切か」などマンション売却にお悩みの方は、不動産売却の経験豊富な専門会社に相談することをお勧めします。

コラム監修者

伊藤幸弘

資格:宅地建物取引主任者・賃貸不動産経営管理士・ファイナンシャル・プランニング技能士・競売不動産取扱主任者
書籍:『投資ワンルームマンションをはじめて売却する方に必ず読んでほしい成功法則』
プロフィール:2002年から中古投資マンションを専門に取引を行う。
2014年より株式会社TOCHU(とうちゅう)を設立し現在にいたる。


ベストカンパニー2021
投資用マンション専門
顧客満足度93%

投資マンションオーナに 
役立つコラム


書籍プレゼント


本ページをご覧の方のみに、全国書店・Amazonにて1,540円で販売をしております書籍を無料でプレゼントいたします。下記よりダウンロードください。
本書でお伝えしたいのは、投資マンションのオーナーさまが、「売却に成功」することと、「基本的な知識」と「取引事例」を得てもらうことです。
後悔なく、納得した、満足できる売却をしてもらいたい。
株式会社TOCHU(とうちゅう) 代表取締役の伊藤の投資マンション業界をより良いものにしたいというメッセージも込めています。
今後、どこかのタイミングで売却する可能性がある方はご覧ください。

    氏名
    メールアドレス



    おかげさまで、累積取り扱い件数 
    \ 10,000件突破 /
    \ 無料 / 相場検索
    物件の売却相場を検索

      物件住所必須
      築年数必須
      家賃月額必須
      広さ必須
      管理費・修繕

      積立金月額
      必須
      お名前必須
      e-mail必須

      お問い合わせ

      Fudousan Plugin Ver.1.6.6