ワンルーム投資コラム

匿名のまま不動産査定をする方法。ネットからできる匿名査定について解説

パソコンを操作する人

所有物件の売り時を見極めるために気軽に査定がしたくても、個人情報を詳細に入力しなくてはならず、査定依頼は非常に手間がかかります。しかし、そんな手間をなくすことができる「匿名査定」という仕組みがあることをご存知でしょうか。

今回は、不動産売却における匿名査定について解説します。

不動産を売却したいときの匿名査定とは

まずは匿名査定の基本的な仕組みやサービスの流れを紹介します。

不動産査定の方法種類

不動産の売却査定には、次のような種類があります。

  • 机上査定
  • 訪問査定
  • 匿名査定
  • 自動査定(シミュレーション)

これらは、きっちりと分類されているわけではありません。しかし、査定を依頼する側にとっては、目的によって異なるポイントがあります。

まず、机上査定は、不動産会社に物件の情報を伝えて、相場や売却事例から価格を概算してもらう方法です。現地の状態が考慮されていないため、目安となる金額を調べるのに役立ちます。

訪問査定は、机上査定の結果と現地での調査を総合的にみて査定してもらう方法です。実際に不動産会社の担当者が物件に訪問し、間取りや周辺環境、設備の状況などを精査します。基本的に、ここで計算された金額が売り出し価格(買取査定の場合は買取金額)になります。

これらの方法は、一般的に電話番号やメールアドレスなどの個人情報を不動産会社に伝えて、査定結果を教えてもらいます。そのため、電話がかかってきたり、メールが送られてきたりすることがあり、それをわずらわしいと思う人もいるでしょう。

匿名査定は、個人情報を伝えることなく机上査定を依頼できるため、わずらわしさや個人情報を伝えなくても査定してもらうことができます。

そして自動査定は、インターネット上で物件の情報を入力することで金額のシミュレーションをおこなうことができるというサービスです。ただし、不動産の価格は条件や立地などによって大きく異なる特徴があるため、他の査定方法と比較すると精度が低い傾向にあります。

なぜ匿名で査定をしてもらうことができるか

匿名査定は、ポータルサイトが間に入るタイプもあれば、不動産会社が独自に行なっているものもあります。

基本的な仕組みは、売却希望者がサービスサイトやチャットシステムで物件の所在や広さ、築年数などを入力します。それを見て、専門のスタッフが机上査定が行なってくれます。

ポイントは、必要な情報は間取りや面積など不動産の概要に関するものだけであり、物件住所や個人情報を入力しなくてよいことです。ポータルサイトの場合、物件住所を入力する場合がありますが、その情報は不動産会社には通知されないようです。

なぜ無料で匿名査定をしてもらうことができるのでしょうか。主な理由は以下の2つです。

  • 間に別の事業者が入るから
  • システムの設定で情報を秘匿しているから

売却希望者と不動産会社の間にポータルサイトなどが入ることで、個人情報が不動産会社まで伝わりません。匿名性を保ちたいという人よりも、しつこい電話営業など避けたいという人に使用されています。

また、LINEなどの外部サービスや独自システムを介することで、別の事業者が入ることと同じ効果を得られるものもあります。LINEであれば、依頼主と不動産会社の接点を「友だち登録」としているため、手間がかからないこともポイントです。

かんたんLINE査定とは?

匿名査定の流れ

匿名査定は一般的には次のような流れで行われます。

  1. サービスサイトやチャットで物件概要を入力する
  2. 査定結果を確認する
  3. 詳しい査定を依頼したい場合は、その旨を伝える

サービスにより違いますが、査定結果は即日~3日で完了するようです。

連絡先を知らせずに利用できるため、不動産会社から直接営業の連絡がくることはありません。自分のペースで売却を進めていくことができます。

匿名査定のメリットとデメリット、注意点

匿名査定の特徴をお伝えします。

自宅住所や電話番号を伝えないため、安心・安全

匿名査定のメリットは読んで字のごとく、個人情報を伏せたまま査定を依頼できることです。物件住所も自宅住所も、電話番号もメールアドレスも伝える必要がありません。登記簿から名義人が分かる可能性はありますが、基本的には心配無用です。

また、度重なる営業メールやいたずら電話を避けられるというメリットだけでなく、近年話題になることが多い個人情報の流出を防ぐことも可能です。

すぐに査定結果がわかる

匿名査定のもうひとつの特徴は、回答が早いことです。即日~3日程度で結果が通知されることは前述しましたが、場合によっては数分で結果がわかることもあります。

入力する情報が少ないので、申込手続きも簡単です。

チャット形式のものであれば画面にでてくる案内にしたがって進めるだけなので、査定の手続き自体に不安がある人でも安心して依頼をすることができます。

あくまで相場把握のためのもの

不動産は個別性の高い資産です。同じマンションでも階数や位置、内装設備などによって価格は違います。一戸建ての土地に至っては、前面道路の幅や間口、敷地の形状などによって、簡単に数百万円の差が出ます。

そのため匿名査定は、大雑把な金額しか出すことができません。精度のイメージとしては、「物件の相場が分かる」といった程度です。

より実態に近い査定価格を知りたいのであれば、なるべく多くの情報を提供する必要があります。机上査定であれば、賃借人の有無や周辺環境など匿名査定よりも提供できる情報が多くなります。売却の温度感に合わせて、自身に適した査定方法を選択すると良いでしょう。

匿名査定の適切な活用法とは

匿名査定のメリットを最大限活かすためには、どのような使い方が良いのでしょうか。

売却するかどうかの判断材料にする

不動産査定は、売ろうかどうか迷っている人が査定結果を参考にするために依頼することもできます。イメージとあまりにもかけ離れた査定結果を受け取った場合、保有し続けるといった判断もあるでしょう。

売却しないという選択肢を取った場合、一括査定や不動産会社に直接依頼すると、断るのが面倒なケースがあるかもしれません。匿名査定であれば、このようなしがらみはなくなります。

注意点は、前述の通り価格の精度は正式な査定よりも曖昧なことです。少しでも詳しく知りたい人は、査定を出した不動産会社に連絡を取ってみることをおすすめします。

自己査定の答え合わせに

不動産価格の相場は個人でも調べられます。

金額算出の方法は、取引事例比較法と収益還元法が一般的です。

取引事例比較法であれば、国土交通省の「不動産取引価格情報検索」で周辺の取引履歴を参照することで、大体の相場を算出できます。あまり活発に取引されていない地域では、別の地域で似たような事例を探せば金額の目安を調べることができます。

収益還元法は、年間の純家賃(賃料から経費を引いたネット利益)を還元利回りで割り戻すことによって計算します。厳密に還元利回りを求めると専門的になりますが、統計情報などを参考にして算出することができます。

不動産はこのような「自己査定」が可能です。しかし、非常手間がかかる上に、専門知識なく正確な計算をするのは難しいです。その際に匿名査定を利用して「答え合わせ」をしてみてはいかがでしょうか。大きなズレが生じていなければ、基本的な考え方は間違っていないことになります。

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

    お名前 (必須)
     例)山田太郎
    電話番号 (必須)
    ※ ハイフンなしで入力ください
    メールアドレス (必須)
    物件名
    マンションの号室
    ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


     内容をご確認の上チェックを入れてください

    お問い合わせ

    Fudousan Plugin Ver.1.6.6