ワンルーム投資ニュース

9/18《ワンルーム投資情報》マンション取引ピークは継続と予想?

今回のお題は下記となります。少しでも皆様のお役立てれば幸いです。

1, 売買成約情報

19㎡未満、20戸未満。 それでも高値取引実現

2, 注目の市況

不動産ピークは継続?

3, ピックアップ情報

2020年の人気マンション価格予想

4, コラム(営業担当 佐藤より)

5, ご質問・ご相談

 

【売買成約情報】

《ケース1》

地域:港区

築年数:平成15年

面積:19.21㎡

売却額:1,580万円

家賃:84,000円

1

成功のポイント:面積が狭い物件ですが、所在エリアを推し、高値成約が実現しました。

《ケース2》

地域:新宿区

築年数:平成18年

面積:20.07㎡

売却額:1,650万円

家賃:80,000円

2

成功のポイント:賃料契約期間が長く残っているため、高値入札を多く獲得できたのが、ポイントです。

《ケース3》

地域:渋谷区

築年数:平成14年

面積:22.74㎡

売却額:1,815万円

家賃:91,000

3

成功のポイント:既にサブリースが解除されていたため、適正賃料での取引が可能になりました。

 

【注目の市況】

価格ピークは継続予想?

https://www.kenbiya.com/news/7970.html

『不動産投資短期観測調査』の推測としては、このピーク価格は続く。という想定に行き着いたようです。

 

【ピックアップ情報】

2020年の人気マンションの価格変動予想

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48993

ファミリータイプですが、ファミリーの価格が動けば、必然的にワンルームマンション価格の変動も避けれないでしょう。

 

【コラム】

皆様は『Google症』というものをご存知でしょうか。

体調不良の際に自身の病状を検索する。例えば、のどが痛いと検索すると、インターネットには最悪のシナリオまでが書いてあるケースが多く

白血病等の、重病のワードが出てくる。こう言った情報を多く集めていると、検索結果が全てと、思い込んでしまうことがあります。

これには、私自身も近しい経験があります。

体調不良はもちろん、買いものでしたり、食事、宿泊先など。ネットを隈なく調べた結果、不要と判断をしたり、行動そのものをキャンセルしたりしました。

インターネットや、情報収集事態は、この情報社会において、最も必要なものかとは思います。

ですが、その情報を大量に集めた結果、ネガティブになり、行動が出来なくなってしまうと、本末転倒です。

皆様には、是非、良い結果を迎えるための、情報収集をして頂ければ幸いです。

営業担当:佐藤

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容  査定のご相談 売却のご相談 物件運用のご相談


お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6