ワンルーム投資ニュース

7/24《ワンルーム投資情報》金利上昇で不動産下落始まる。都心では「天井」に達した市場価格

今回のお題は下記となります。少しでも皆様のお役立てれば幸いです。

1, 売買成約情報

昭和物件。表面利回り8.8%で成約成功

2, 注目の市況

海外投資家の参戦。海外金融の締め付けの影響か

3, ピックアップ情報

投資物件と金融機関

4, コラム(営業担当 佐藤より)

後悔しない行動

 

 

【売買成約情報】

《ケース1》

地域:豊島区

築年数:昭和59年

面積:14.60㎡

売却額:800万円

家賃:59000円

キャプチャ 1

成功のポイント:直近で近隣エリアのオークションを行った際に僅差で競り負けたお客様に、ご紹介させていただきました。

《ケース2》

地域:板橋区

築年数:平成19年

面積:27.17㎡

売却額:1550万円

家賃:空室

キャプチャ 2

成功のポイント:空室に自身のあるお客様だったので、賃貸中より価格が伸びて、高値成約が実現いたしました。

《ケース3》

地域:中央区

築年数:平成11年

面積:22.57㎡

売却額:2030万円

家賃:90000円

キャプチャ 3

成功のポイント:人気のエリアでしたので最終オークションに残るお客様が非常に多かったので高値取引が出来ました。

 

【注目の市況】

投資用マンション11年ぶり高値4-6月 海外勢が買い

http://www.nikkei.com

中国の融資引き締めがあった、影響でまた日本の当時物件が注目されているようです。

 

【ピックアップ情報】

金利上昇で不動産下落始まる。都心では「天井」に達した市場価格

http://www.zakzak.co.jp

収益物件と金融機関の関係が簡単に書かれています。

 

【コラム】

前述のようにますます、不動産の市況が上がると同時に、今後の不動産の見解が二極化しております。現在の市場価格のほとんどをコントロールしている金融機関でさえ、見解が分かれます。

そんな中、私共がオーナー様へご提案できるものとしては、後悔しないための活動です。市況が上がると思考停止に陥り、希望的観測をしてしまいますが、融資引き締めが始まり焦ってからでは、高値取引は厳しくなってきます。

あの時売っておけば・・・と、後悔しないように、是非一度、販売活動をして、現実的な申し込み金額を把握しましょう。その価格で売却するかどうかご判断はお任せします。

無料相談はコチラへどうぞ

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容  査定のご相談 売却のご相談 物件運用のご相談


お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6