ワンルーム投資ニュース

4/3《ワンルーム投資ニュース》マンション投資のメリット・デメリット

今週のお題は下記となります。少しでも皆様のお役立てれば幸いです。

1, 今週の売買成約情報

2, 今週の市況

3, 今週のピックアップ

4, コラム(営業担当 佐藤より)

5, 東・仲からのお知らせ

6, ご質問・ご相談

【 今週の売買成約情報 】

《ケース1》

地域:千代田区岩本町

築年数:平成19年11月

面積:23.20㎡

売却額:2075万円

ケース1

成功のポイント:場所、物件グレード共によく、金融機関の融資評価が非常によく出ました。

 

《ケース2》

地域:目黒区南

築年数:平成4年7月

面積:20.35㎡

売却額:1130万円

3

成功のポイント:駅からの距離が10分以上かかりますが、物件の住所と現況の賃料をアピール出来たところです。

 

《ケース3》

地域:大田区矢口

築年数:昭和63年5月

面積:16.41㎡

売却額:580万円

ケース3

成功のポイント:サブリース物件でしたが、オーナー様が全面的にご協力頂いたので、サブリース解除後の実際家賃での高値取引が実現できました。

 

【 4月の首都圏中古マンションの市況 】

マンション、上がりきった価格がもうすぐ一気に下落。マンション崩壊へ…これだけの兆候

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18388.html

今年に入ってから明るい話題がありませんね。

【 今週のピックアップ 】

マンション投資のメリットとデメリット

https://zuuonline.com/archives/142746

メリットを感じているオーナー様ほど、出口戦略がしっかりされています。

逆に収支赤字でデメリットを感じてるお客様ほど、希望的観測に頼っているケースが多いです。

【 今週のコラム 】

最近の取引で専ら売買の障害になっておりますのが、サブリース契約や家賃保証です。

恐らく一度は耳にしたことがあるかと思いますが、原状利回りでの取引が主流になっている今、大きな足かせになります。

サブリース契約は基本実際の家賃の1割を差し引いて管理会社がオーナー様へ入金しております。

サブリースで80,000の入金があれば、実際入居者様が払っている家賃は88,000円。と言う中身です。

では、売買にはどの程度違いが発生するのでしょう。

上記の記事にもありましたが、築年数の新しい物件は最近、現状利回平均5%の金額取引が多くなっております。

ですので、家賃が8,000円違う状態で5%の価格で取引をすると、実に192万円の違いが発生します。

オーナー様にとってはあまりにも大きな金額かと思います。

是非一度、ご自身のサブリース契約の内容をご確認して頂くのを、推奨致します。

アフターサービス等の説明を受けながら、設定したサブリースもいざ売却に向けて解約をしようとすると

借地借家法を盾に取り、入居者の立場になって解約すら困難になり、家賃保証額の利回り計算で売却するケースも増えております。

営業担当 佐藤

【 東・仲からのお知らせ 】

セミナー開催!!《ワンルーム投資マンションをお持ちの方限定》

⇨弊社ではワンルームマンションをお持ちの方に向けて正しい情報をご提供するセミナーを定期的に開催させていただきます。

現在の開催予定は下記となります。

※今後、随時、セミナー情報をご提供させていただきます。ご都合合う方は是非ご参加ください。

04月22日(水) 10:00〜

※詳細情報はコチラ https://www.to-chu.co.jp/seminarlp/

【 ご質問・ご相談 】

・フリーダイヤル 0120-109-998

・メールアドレス info@to-chu.co.jp

・URL  http://www.to-chu.co.jp/

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。 日々改善してまいりますので、ご意見・ご希望等ありましたら お気軽にお申し付けくださいませ。

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


 内容をご確認の上チェックを入れてください

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6