ワンルーム投資コラム

投資ワンルームマンションを売るための「お金」

不動産売却という冒険の目的地に、どうやってたどり着けばいいのでしょうか。

これに関係するのはいろいろな道具です。

 

車という道具があれば、行けるところまで、楽に乗って行けます。

荷物も多く載せることができます。

車がなければ、持っていける荷物は限られたものとなります。

ロープがあれば断崖絶壁も降りられます。

ボートがあれば川を渡ることもできます。

道具次第で、このように「近道」することができます。

このように冒険は、まさに「道具」次第で難易度が変わります。

 

 

投資ワンルームマンション売却も同じこと。

売るための「道具」は「お金」です。

この「お金」というのは、単純に「売却できる価格」という意味ではありません。

売却を進めていく上で「売却できる価格」「売るために必要な費用」

「将来的を見据えたファイナンシャルプラン」と、いろいろなお金の問題を

クリアする必要があります。

 

たとえば、湖の向こう側に目的地があるとします。

しかし、ボートがなくては湖の周りを大きく迂回して進まなければなりません。

売却においても「道具=お金」の問題で、進めないということがあります。

 

 

「売却したい」と思っても、「売却できる価格」がローン残高より安い。

この場合、投資ワンルームマンションが売れたとしてもローン残高の不足を、

自分で用意する必要があります。

しかし、そんな資金がないということであれば「売ることができない」ので

「売ることを断念する」もしくは「しばらく返済を進めてから売却」という選択となります。

 

また、古い間取りで「リノベーションしてから売ろう」と考えていたところ、

その内装工事ものに、大きく資金が必要なケースもあります。

となれば、「購入者に内装工事をしてもらう前提」で価格を計算する方が、

得な場合も出てきます。

 

このように、投資ワンルームマンションの売却においてお金は非常に大切です。

目的地を定め、どのような方法で、物件を売却するのかを考えることは大切なことです。

使用できる道具によって、冒険のルートや攻略法が変わるように、

お金次第で物件の売り方というものは変わってくるのです。

 

「お金がないと物件は売ることができないのか?」

と、思われるかもしれませんが、それは違います。

1つひとつお金の問題を明確にしながら、解決していけばいいのです。

しかし、その解決を素人の判断で行なうと失敗します。

そこに必要なのは「経験と知識に裏づけされた知識」。

「知恵」が必要になるのです。

 

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


 内容をご確認の上チェックを入れてください

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6