ワンルーム投資コラム

不動産会社が実施する投資用ワンルームマンションの売却活動とはどのような内容なのか

投資用ワンルームマンションの売却を不動産会社に依頼すると、まずは不動産会社は買主を探すために「営業活動」を始めます。

では具体的に「営業活動」とは何なのでしょうか。

あなたの物件を売却するために依頼した不動産会社は、具体的にどういった営業活動をしてくれるのか、

詳しく見ていきましょう。

 

良い不動産会社選びのポイントは、その不動産会社が、様々な営業活動によって、

どれだけ多くの質の高い購入希望者に売物件の情報を知ってもらえるかです。

a0d0ce327d96d51339abb859b93ebb90_s

 

 

 

 

 

 

 

〇レインズへの登録

不動産会社は、媒介契約に基づいて、レインズ(指定流通機構)という国交省が指定したネットワークシステムに不動産情報を登録します。このレインズには全国の不動産会社が加入しているため、数多くの購入検討者を探すことができます。

 

〇物件掲載サイトへの掲載

上記のレインズは、不動産会社しか閲覧できないシステムのため、一般の購入検討者が直接不動産の情報を見ることはできません。そこで、物件掲載サイトに物件情報を掲載し、購入検討者が直接不動産の情報を調べられるようにします。

 

〇セミナー参加者や紹介客への営業

直接物件への問い合わせだけではなく、物件購入セミナーの参加者様や、既存客からの紹介で知り合ったお客様へ、ご希望や購入動機などを聞き出し、コンサルをして物件を購入してもらう営業活動です。

 

〇折込みチラシやポスティングによる営業活動

多くの購入検討者に物件の情報を知ってもらうために、折込みチラシやポスティングなどを定期的に行うことがあります。購入検討者は様々な媒体から情報を収集している場合が多く、こういった紙媒体の広告も非常に有効な手段です。

 

 

これらが、投資用ワンルームマンションの売却時に不動産会社が実施する主な営業活動です。

方法は不動産会社によってさまざまです。

これ以外にもその会社独自のサービスやネットワークを使ったものもあります。

また、どれほど営業活動を行っても反響が少なかったり、申込金額が成約まで至らない場合は、

定期的に販売価格や営業活動の方法を見直す必要があります。

 

全てを不動産会社に任せきりにするのではなく、売主は気になったことがあれば、

遠慮をせずに不動産会社に営業活動の報告を実施するように求め、

効果的な売却活動を模索していかなければなりません。

 

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容  査定のご相談 売却のご相談 物件運用のご相談


お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6