ワンルーム投資コラム

「相場が全てでは無い」視点も大切

不動産売買で一番気になるのが「価格」です。

売る方も買う方も、価格にすべてのエネルギーが集中されます。

その他の条件、取引の安全性も当然大切ですが、最終的な満足感に影響を与えるのが価格です。

実は、ここに意外な「落とし穴」があります。

 

 

安いのか高いのか、売主と買主の満足感の基準は何になっているのでしょうか?

「相場価格」と、誰もが考えるでしょう。

売主さんは相場より高ければ「得した」と思い、買い主さんは相場より安ければ「得した」と思います。

確かにそれはあるでしょう。

けれど、もし本当にそれだけが基準としたら、「両者が共に満足できる売買はない」ことになってしまいます。

どちらか一方が得し、どちらか一方は必ず損を強いられるからです。

だから、どうしても不満がおきて、クレームやトラブルに発展したりするような、すれ違いが起こりやすいのです。

では一体、両者が満足し、お互いに笑顔で売買契約を結ぶには、何を基準にしたらいいのでしょうか?

それは「相場を絶対の基準にしないこと」です。

 

 

 

そもそも相場とは誰が決めるのでしょうか?

一般的に考えれば、そのエリアの実勢価格、類似物件が実際にいくらで取引されているかの成約事例データが基礎になります。

土地の単価もエリアの販売事例が基準です。

それに、立地、家賃利回りなどの要素でプラスとマイナスして、価格が割り出されます。

けれども、これはあくまで万人に向けた平均的な価値観です。

 

 

物件を購入するのは「1人」です。

その1人が「この価格なら十分に価値がある」と感じてくれれば、相場より若干高くても「満足」でしょう。

物件にこのような価値を見出し、求めている顧客に向けたセールスできれば、

想定より高値で申し込みがある可能性があるのです。

実際にあった例をあげれば、「建物の管理体制がしっかりしていて綺麗だ」とか、

「おしゃれなデザイナーズマンション」といった要素です。

それに魅力を感じる人で余裕があれば、相場より多少高くても「購入したい」のです。

ワンルームマンションの投資でお悩みの方はこちら

投資用マンションの売却は株式会社東・仲にお任せください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください。

お名前 (必須)
 例)山田太郎
電話番号 (必須)
※ ハイフンなしで入力ください
メールアドレス (必須)
物件名
マンションの号室
ご相談内容 査定のご相談売却のご相談物件運用のご相談


 内容をご確認の上チェックを入れてください

お問い合わせ

Fudousan Plugin Ver.1.6.6